アルコールを摂取すると血糖値があがる?

アルコールを摂取すると血糖値があがる?

糖尿病を患ってしまったら、医師から「アルコールは禁止してください」と言われてしまうと思います。
では、アルコールを摂取すると、血糖値にどのような影響があるのでしょうか。
まず、アルコールを摂取することによって、低血糖に陥ってしまう危険性があります。
糖尿病の人は、血糖値をコントロールするためにインスリンや血糖値を下げる薬を使用していることが多いですよね。
アルコールを摂取することでインスリンや薬の効果が長引いてしまい、その結果、血糖値が大幅に下がってしまうのです。
また、肝臓がアルコールを分解するためには、糖分が必要とされます。
そのため、インスリンや血糖降を下げる薬を利用して、血糖値が下がっている状態でアルコールを摂取すると、活動に必要な糖分までアルコールの分解のために利用されてしまい、低血糖の状態になってしまうのです。
それに、まだ糖尿病と診断されていない人がアルコールを摂取すると、今度は血糖値を上げてしまう可能性があります。
日本酒やビールなどは、あなたが思っている以上に糖分やカロリーが高い飲み物ですので、何杯も飲んでいるといつの間にか血糖値が急上昇してしまうことがあるのです。
このように、アルコールはたしなむ程度であれば、ストレス解消にも健康にも良いとされていますが、飲む量を間違えてしまうと大変なことになってしまいます。
やはり、糖尿病と診断されたら、アルコールは出来るだけ避けた方があなたの健康のためにも良いと言えるでしょう。

関連ページ

タバコ、飲酒と血糖値の関係性とは?
糖尿病が引き起こす病気について知っていますか?長期間放置したままでいると、実は恐ろしい病気を引き起こしてしまうことがあるのです。そうなる前に、糖尿病になりやすい生活や血糖値の上昇を抑える食事、糖尿病の危険性や治療法などをよく知り、生活習慣をもう一度振り返ってみましょう。