糖尿病との付き合い方(本人・家族)

糖尿病との付き合い方(本人・家族)

ごく初期の糖尿病であれば、生活改善することによって、ほぼ完治させることも可能ですが、あいにく初期の段階で発見されるケースはあまり多くありません。
糖尿病の症状というのはあまりなくて、また、それらの症状は糖尿病ではなくても出ることもありますから、ほとんどの人は糖尿病の初期症状で気がつくことがないんですね。
そのため、「もしかして」と思って通院したときには、かなり進んでいるケースが多いと言われています。
糖尿病は、進行してしまうと、完治はほとんど無理でしょう。
糖尿病自体の症状は、相当重症でなければ、それ程深刻なものではないのですが、糖尿病は命に関わるような危険な合併症を併発するリスクが非常に高いため、合併症を防止することを常に考えて生活する必要があります。
当然ながら、生活習慣をガラッと変えて、品行方正な生活を送らなければなりません。
食事内容にも十分注意を払って生活する必要があるのです。
それらは全て、「糖尿病を治すため」と言うよりは、糖尿病をそれ以上進行させないためと、合併症を予防するために必要不可欠です。
一旦、糖尿病になってしまうと、もう一生、様々な合併症の発症リスクを抱えながら生活しなければならなくなります。
もちろん、家族も大変な思いをすることになりますよね。
中には、糖尿病にかかった本人が治療に無関心で、家族だけが心配でやきもきするというケースもあります。
でも、糖尿病の合併症は命に関わるものが多いだけでなく、一度発症してしまうと、一生麻痺が残ったり、言語障害などの深刻な後遺症が残る可能性もあるのです。
その危険性を忘れないようにして、継続的に治療や生活改善を行っていきましょう。