血糖値が高いとなぜダメなのか?

血糖値が高いとなぜダメなのか?

血液中の血糖値が高いと、よく「糖尿病に気をつけましょう」と言われますが、それではこの「血糖」とは一体何なのでしょう。
血糖とは、毎日の食事によって私達の体に吸収されるグルコース(ブドウ糖)のことで、活動のエネルギーとして使われています。
この血糖が体内にあるインスリンホルモンと結合することによって、血液中から細胞へエネルギーとして取り込まれる仕組みになっているのです。
このインスリンホルモンの分泌量が少なかったり、インスリンホルモンが上手く機能してくれなかったりすると、血液中の血糖が細胞へ取り込まれなくなり、結果として血糖の値が高くなります。
この血糖値が高くなると、糖尿病の他にも以下のような様々な症状が現れる恐れがあります。

 

・体が疲れやすくなる
血糖値が高いと血液もドロドロになり、全身の血液の流れが悪くなります。
そのため、体の細胞にも酸素や栄養が行き届かず、体が疲れやすくなったり、倦怠感を感じたりするようになったりするのです。
それに、動脈硬化も進んでいく可能性があります。

 

・肥満になりやすくなる
活動エネルギーとして体に取り込まれた糖分以外は、脂肪細胞へと送られて体脂肪として蓄えられます。
これが続くと、皮下脂肪が増えていき、肥満になりやすくなるのです。

 

・病気になりやすくなる
血糖値が高いと、血液がドロドロになりますが、このことが原因で細胞が酸化していきます。
細胞が酸化すると、体内の免疫機能も徐々に低下していき、ウイルスや菌などに感染しやすくなり、結果として病気になりやすくなるのです。

関連ページ

低血糖がまずい理由とは?
糖尿病が引き起こす病気について知っていますか?長期間放置したままでいると、実は恐ろしい病気を引き起こしてしまうことがあるのです。そうなる前に、糖尿病になりやすい生活や血糖値の上昇を抑える食事、糖尿病の危険性や治療法などをよく知り、生活習慣をもう一度振り返ってみましょう。
血糖値の正常値、平均値ってどれぐらい?
糖尿病が引き起こす病気について知っていますか?長期間放置したままでいると、実は恐ろしい病気を引き起こしてしまうことがあるのです。そうなる前に、糖尿病になりやすい生活や血糖値の上昇を抑える食事、糖尿病の危険性や治療法などをよく知り、生活習慣をもう一度振り返ってみましょう。
血糖値が高いと起こりうる病気とは?
糖尿病が引き起こす病気について知っていますか?長期間放置したままでいると、実は恐ろしい病気を引き起こしてしまうことがあるのです。そうなる前に、糖尿病になりやすい生活や血糖値の上昇を抑える食事、糖尿病の危険性や治療法などをよく知り、生活習慣をもう一度振り返ってみましょう。
血糖値が高いと血がどろどろになる?
糖尿病が引き起こす病気について知っていますか?長期間放置したままでいると、実は恐ろしい病気を引き起こしてしまうことがあるのです。そうなる前に、糖尿病になりやすい生活や血糖値の上昇を抑える食事、糖尿病の危険性や治療法などをよく知り、生活習慣をもう一度振り返ってみましょう。
血糖値が高いと太りやすいの?
糖尿病が引き起こす病気について知っていますか?長期間放置したままでいると、実は恐ろしい病気を引き起こしてしまうことがあるのです。そうなる前に、糖尿病になりやすい生活や血糖値の上昇を抑える食事、糖尿病の危険性や治療法などをよく知り、生活習慣をもう一度振り返ってみましょう。
血糖値が高くなる原因とは?
糖尿病が引き起こす病気について知っていますか?長期間放置したままでいると、実は恐ろしい病気を引き起こしてしまうことがあるのです。そうなる前に、糖尿病になりやすい生活や血糖値の上昇を抑える食事、糖尿病の危険性や治療法などをよく知り、生活習慣をもう一度振り返ってみましょう。
血糖値と血圧の関係性とは?
糖尿病が引き起こす病気について知っていますか?長期間放置したままでいると、実は恐ろしい病気を引き起こしてしまうことがあるのです。そうなる前に、糖尿病になりやすい生活や血糖値の上昇を抑える食事、糖尿病の危険性や治療法などをよく知り、生活習慣をもう一度振り返ってみましょう。
糖尿病と血糖値の関係性とは?
糖尿病が引き起こす病気について知っていますか?長期間放置したままでいると、実は恐ろしい病気を引き起こしてしまうことがあるのです。そうなる前に、糖尿病になりやすい生活や血糖値の上昇を抑える食事、糖尿病の危険性や治療法などをよく知り、生活習慣をもう一度振り返ってみましょう。
血糖値を正確に測るには?
糖尿病が引き起こす病気について知っていますか?長期間放置したままでいると、実は恐ろしい病気を引き起こしてしまうことがあるのです。そうなる前に、糖尿病になりやすい生活や血糖値の上昇を抑える食事、糖尿病の危険性や治療法などをよく知り、生活習慣をもう一度振り返ってみましょう。