糖尿病の検査方法とは?

糖尿病の検査方法とは?

糖尿病かどうかを調べるための検査方法には、どんなものがあるのでしょうか?糖尿病という名前の通り、糖尿病は尿に糖が出る病気ですから、尿に糖が出る=血液中の糖が高いということになります。
なので、糖尿病の検査としては、血糖値を調べる必要があります。
食事をすると糖分を摂取することになるため、当然、空腹時よりも食後の方が血糖値が高くなります。
しかし、健康な人であれば、インスリンが働くので、血糖値が過度に上昇することはありません。
基準値としては、空腹時で70〜109mg/dl、食後2時間で140mg/dl未満です。
これを超えると糖尿病の疑いがかかります。
この検査で、空腹時血糖126mg/dl以上、食後2時間血糖が200mg/dl以上になると糖尿病の疑いが濃厚です。
この検査で引っかかった場合、ブドウ糖負荷試験(75gGTT検査)を行います。
これは、75gのブドウ糖を摂取して、血糖値やインスリンの上がり具合をみます。
通常は摂取前・摂取後(30分・60分・120分)と計4回調べます。
その他にも、HbA1c(糖化ヘモグロビンA1c)といって、赤血球のヘモグロビンのうち、ブドウ糖と結合しているヘモグロビンの割合を調べる検査を行うこともあります。
血糖値は食事の影響を受けやすいですが、これは食事の影響を受けにくく、1〜2ヶ月前の血糖値の状況を反映します。
そのため、血糖が上手くコントロールされているかの指標になるのです。
それ以外にも、CPRやフルクトサミン、グリコアルブミンなど様々な検査方法があります。

関連ページ

糖尿病に関係するヘモグロビンA1cとは?
糖尿病が引き起こす病気について知っていますか?長期間放置したままでいると、実は恐ろしい病気を引き起こしてしまうことがあるのです。そうなる前に、糖尿病になりやすい生活や血糖値の上昇を抑える食事、糖尿病の危険性や治療法などをよく知り、生活習慣をもう一度振り返ってみましょう。
ヘモグロビンA1cを下げるには?
糖尿病が引き起こす病気について知っていますか?長期間放置したままでいると、実は恐ろしい病気を引き起こしてしまうことがあるのです。そうなる前に、糖尿病になりやすい生活や血糖値の上昇を抑える食事、糖尿病の危険性や治療法などをよく知り、生活習慣をもう一度振り返ってみましょう。