ヘモグロビンA1cを下げるには?

ヘモグロビンA1cを下げるには?

ヘモグロビンA1cとは、最近1〜2ヶ月間の体内の余分な血糖値を判断する値です。
つまり、ヘモグロビンA1cを下げるというのは、イコール血糖値を下げるという意味になります。
ヘモグロビンA1cを下げるなどというと、何かとても難しいことのように感じられますが、結局は「血糖値を下げるにはどうすれば良いか?」という事になるわけです。
これはもちろん、糖尿病の種類によっても違ってくるのですが、成人病とも贅沢病とも言われる2型糖尿病の場合、方法は色々あります。
2型糖尿病の場合、基本的に過剰な糖分摂取が原因となっていますから、まずは飲み物などでも糖分を控えることは当たり前として、相対的な食事量を制限する食事療法を行うことが必須となっています。
要するに、体内で分泌されるインスリンで分解できるだけの糖分摂取で済ませれば、問題はないという事になるからですね。
この為、糖尿病では、まず第一に食事療法が開始されることになります。
さらに、運動を勧められると思います。
それは、糖尿病になる方は肥満傾向の方が多く、肥満の場合、インスリンの働きが鈍るという結果が出ているのです。
運動することで体重を落とし、インスリンの働きを正常に戻すという目的もありますが、運動によってインスリンの働きが活発になるというデータもあるため、どうしても運動を勧められることになります。
また、処方薬によってインスリンの分泌を促す薬物療法が取り入れられることもあります。

関連ページ

糖尿病の検査方法とは?
糖尿病が引き起こす病気について知っていますか?長期間放置したままでいると、実は恐ろしい病気を引き起こしてしまうことがあるのです。そうなる前に、糖尿病になりやすい生活や血糖値の上昇を抑える食事、糖尿病の危険性や治療法などをよく知り、生活習慣をもう一度振り返ってみましょう。
糖尿病に関係するヘモグロビンA1cとは?
糖尿病が引き起こす病気について知っていますか?長期間放置したままでいると、実は恐ろしい病気を引き起こしてしまうことがあるのです。そうなる前に、糖尿病になりやすい生活や血糖値の上昇を抑える食事、糖尿病の危険性や治療法などをよく知り、生活習慣をもう一度振り返ってみましょう。