子供も糖尿病になる?

子供も糖尿病になる?

最近は、子供でも糖尿病になる子が増えているなんてニュースを見ることがありますよね。
これまで、子供の糖尿病は、そのほとんどが1型糖尿病でした。
先天的、もしくは、何らかの理由によって、体内でインスリンを作る機能が低下する、または、麻痺してしまい、そのために摂取した糖分を分解できないというタイプの糖尿病です。
まだ人々の暮らしが豊かではなかった頃、糖尿病といえば、この1型糖尿病でした。
このタイプの糖尿病は、一日に何度かインスリン注射を打たなければならず、また常に糖分を摂取していなければなりません。
以前は、子供の糖尿病とは、そのようなものだったのです。
ところが、近年、増えていると言われている子供の糖尿病は、大人の糖尿病と同様に、生活習慣病の2型糖尿病なのです。
これはもう完全に、「親に責任がある」としか言えません。
親が子供の命を危険に晒しているといっても過言ではありませんよね。
子供の2型糖尿病では、やはり、過食で肥満体質の子が多いという傾向があり、また、偏食だったり、おやつなどの糖質のとりすぎが原因であるケースがほとんどです。
糖尿病は命の危険がある合併症のリスクが常につきまといますから、これからの長い将来の全てを、そのような危険なリスクを背負って生きなければならなくなるのです。
ですから、子供の2型糖尿病は絶対にあってはならないことです。
子供の将来を親が潰してしまう、子供の命を親が削ってしまうことのないよう、両親はしっかり自覚をもって子供を育てなければなりません。

関連ページ

妊娠糖尿病とは?
糖尿病が引き起こす病気について知っていますか?長期間放置したままでいると、実は恐ろしい病気を引き起こしてしまうことがあるのです。そうなる前に、糖尿病になりやすい生活や血糖値の上昇を抑える食事、糖尿病の危険性や治療法などをよく知り、生活習慣をもう一度振り返ってみましょう。