妊娠糖尿病とは?

妊娠糖尿病とは?

妊娠糖尿病とはどういった病気なのでしょうか。
いわゆる糖尿病とは違うのでしょうか?妊娠中には検診の度に尿検査を行い、タンパクや糖の数値を調べますよね。
尿検査に糖が出ているということは血糖値が高い可能性が強いです。
妊娠中に血糖値が高かったり、妊娠して初めて血糖値が高いということが判明した場合を妊娠糖尿病といいます。
妊娠中は胎盤から、様々なホルモンが分泌されます。
その中には血糖値を上げる作用のあるホルモンもあります。
血糖値を下げる効果のあるインスリンが効きにくくなり、妊娠していない時に比べて、血糖値が上がりやすい傾向にあるのです。
しかし、普段はインスリンがたくさん出て、過度に血糖値を上げないように調整しています。
妊娠糖尿病の場合、必要量のインスリンを分泌できないのです。
インスリンが効きにくくなる時期は妊娠中期以降ですので、初期から血糖値が高くなった場合は、それ以前から糖尿病だった可能性が高いです。
妊娠中に高血糖の状態が続くと、母胎ばかりでなく、胎児にも影響を与えてしまいます。
羊水過多症や巨大児などは有名ですよね。
妊娠中でも血糖値が高いと分かったら、治療することになります。
最初は食事療法で血糖値のコントロールを図ります。
高血糖状態が続くようなら、インスリン療法を行います。
糖尿病と違って、産後は回復することが多いのですが、妊娠中に血糖値が高かった場合は、将来にも糖尿病になる可能性が高いです。

産後も高血糖にならないように注意する必要があります。

関連ページ

子供も糖尿病になる?
糖尿病が引き起こす病気について知っていますか?長期間放置したままでいると、実は恐ろしい病気を引き起こしてしまうことがあるのです。そうなる前に、糖尿病になりやすい生活や血糖値の上昇を抑える食事、糖尿病の危険性や治療法などをよく知り、生活習慣をもう一度振り返ってみましょう。