肥満だと糖尿病になりやすい?

肥満だと糖尿病になりやすい?

肥満だと糖尿病になりやすいと思っている人は多いかもしれません。
残念ですが、それは正解です。
現代人は、運動をあまりせず、食生活も脂肪が多い物を好むので、肥満気味の人が多いのです。
肥満の人は、軽い糖尿病になってしまうという事を心に留めておいた方が良いでしょう。
では、なぜ肥満だと糖尿病になりやすいのでしょうか。
それは、肥満というのは、ある種、体の異常だからです。
糖尿病は、体重が増えれば増えるほどなりやすい病気です。
糖尿病だけではなく、動脈硬化や生活習慣病にもかかりやすくなってしまいます。
怖い事を言えば、死亡率も高くなってしまうのです。
肥満は不健康そのものなのです。
肥満の人が糖尿病になってしまったら、最初の治療は体重を落とす事です。
たった5キロ落とすだけで、血糖値のコントロールやインスリンの効果がかなり違ってきます。
肥満の人が糖尿病になってしまった場合、標準の体重の人の治療方法とは最初の段階で変わってきます。
肥満の人が糖尿病になってしまった場合、まず第一に、食事療法で、2〜3ヶ月かけて3キロ〜5キロの体重減少を出来るように指導します。
肥満の人は食欲が旺盛な人が多いので、とにかく食べ過ぎないように心がけましょう。
食べすぎは高血糖を起こします。

肥満の人が糖尿病にかかってしまった場合は、必ず食事制限をしないといけないのです。
その他、運動も適度にするように心がけると良いでしょう。
できれば、糖尿病になる前に、肥満を解消したいものですね。

関連ページ

糖尿病と肥満、メタボとの関係性
糖尿病が引き起こす病気について知っていますか?長期間放置したままでいると、実は恐ろしい病気を引き起こしてしまうことがあるのです。そうなる前に、糖尿病になりやすい生活や血糖値の上昇を抑える食事、糖尿病の危険性や治療法などをよく知り、生活習慣をもう一度振り返ってみましょう。