糖尿病と肥満、メタボとの関係性

糖尿病と肥満、メタボとの関係性

日本などの先進国の糖尿病患者の実に90%以上は、「ぜいたく病」とも揶揄される2型糖尿病です。
このタイプの糖尿病は、主に暴飲暴食を重ねた肥満体型の人に多く見られる傾向があります。
このため、昨今では、メタボリックシンドロームとの関連性が強く指摘されているのです。
メタボリックシンドロームの人への忠告として、「このままだと糖尿病になりますよ」なんて言葉がよく使われるくらい2型糖尿病と肥満は関連性が高いと指摘されています。
メタボとは、メタボリックシンドロームの略であり、日本語では内臓脂肪型肥満という呼称が付いていますね。
この名前からもわかる通り、表面上では肥満に見えなくても、内臓に脂肪がついている肥満がメタボと呼ばれているわけです。
もちろん、外見上にも肥満が出ている人は、ほぼ確実にメタボでもあると言えます。
2型糖尿病とは、体内で分解できる以上の糖分を摂取してしまうことで発症する病気です。
つまり、冒頭で説明した暴飲暴食が原因・・・と繋がるわけですね。
ですから、このタイプの糖尿病患者は、基本的に発症時には肥満体型であることが多いです。
しかし、糖尿病が進むと、糖分を分解する機能そのものが低下してしまうので、進行するとむしろ痩せて行くという症状が出始めます。
ただ、基本的には発症する時点では肥満体型であることが多く、たとえ肥満体型でなくても内臓に脂肪をためているケースが多いというのが、統計的に証明されているのです。

関連ページ

肥満だと糖尿病になりやすい?
糖尿病が引き起こす病気について知っていますか?長期間放置したままでいると、実は恐ろしい病気を引き起こしてしまうことがあるのです。そうなる前に、糖尿病になりやすい生活や血糖値の上昇を抑える食事、糖尿病の危険性や治療法などをよく知り、生活習慣をもう一度振り返ってみましょう。