糖尿病に効果のある食習慣・治療法

血糖が高くなると何がまずいの?

血糖値が高い状態が続くと、生活習慣病である糖尿病のリスクが高まります。
つまり、血糖値を気にするのは、「糖尿病を気にしている」と言う事になりますね。
糖尿病は、それ自体は特に辛い自覚症状もない病気です。
しかし、一旦糖尿病になってしまうと、治すのは困難であるとも言われています。
そこで、少しでも血糖値を抑えるための治療が行われるわけです。
その中には、生活習慣の改善という一番重要な治療法が含まれています。
多くの人はその生活習慣の改善が困難であることから、糖尿病を恐れているといってもいいかもしれません。
糖尿病自体はそれほど恐ろしい病気ではないのですが、糖尿病はさまざまな合併症を引き起こす原因とされているため、恐れられています。
糖尿病が引き起こす合併症のほとんどは、命のリスクを伴うような怖い病気ばかりだからです。
例えば、網膜症を引き起こした場合には失明することもありますし、手足など体の先端が壊死してしまう神経障害という合併症もあります。
それに、人工透析が必要な腎症の場合には、一生人工透析をしなければならなくなります。
糖尿病の三大合併症と呼ばれているのが、この腎症・神経障害・網膜症です。
また、糖尿病は血管に障害をもたらすため、動脈硬化や心筋梗塞など、即命に関わる病気を引き起こすリスクも高まります。
血糖値が高くなっているということは、これらの合併症のリスクを伴う糖尿病に近づいている、もしくは、既に糖尿病になっている可能性を示唆しているのです。

 

◆血糖が高くなる原因とは?◆

 

血糖が高くなるそもそもの原因は、食事にあります。
摂取した食べ物は分解されて糖分となり、やがてエネルギーとして消費されていきます。
ですから、人間誰しも食後には血糖が上がるのです。
そして、その後は徐々に血糖値が下がっていくのが普通の健康な人です。
ところが、糖尿病の方の場合は血糖値が下がらず、常に血糖値が高い状態が続いています。
このように、「常に血糖値が高い」ことが問題なのです。
では、何故血糖値が下がらないのでしょう?
本来ならば、血液中を流れる血糖はエネルギーとして消費されていくべきものです。
ところが、エネルギーとして消費するよりも多くの食事をしていると、当然ながら消費できなかった血糖が血液中に残ってしまいます。
また、糖分を分解するにはインスリンが必要なのですが、インスリンの分泌量が少ない場合にも血液中の糖分が分解されずに残ってしまいますから、血糖値が下がらずに高い状態になってしまいます。
インスリンの分泌量は、先天的に分泌量が少なくて糖分を分解できない糖尿病の方もいるのですが、現代社会ではその殆どが悪い生活習慣によるものです。
先天的な糖尿病でない限りは、軽度のうちなら生活習慣の改善で血糖値を下げることが可能です。
いずれにしても、糖分の多いものを大量に摂取したり、高カロリーの食事を続けていると血糖値が高くなってしまいます。
血糖値が上がってもその分をエネルギーとして消費すれば良いですから、摂り過ぎた分は運動を行うようにしましょう。

関連リンク・お役立ちリンク

借金が返せない
借金返済のことで弱っている方、一人で悩んでないで、司法書士・弁護士というプロに相談してみてはいかがでしょう?今頃では無料相談を受けてくれる相談事務所もありますので、借金返済問題に関しては、まずは無料相談して一歩を踏み出しましょう。

 

借金を任意整理するための相談は弁護士がいい?
任意整理をしようと考えている人、借金返済問題に関してはできるだけ早く解決したいもの。弁護士・司法書士に、すぐに無料相談してはいかがでしょう?

 

借金返済|女性専用窓口からも無料相談OK

 

闇金 相談窓口
闇金業者による被害で困っている方、こちらの相談窓口から無料相談してみませんか?ヤミ金解決への一歩は、専門家に相談することからです。